読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ライブレポ】2017.02.24 フジファブリック "STAND!!" ツアー追加公演@中野サンプラザ

音楽 邦楽 ライブレポ

行ってきました、中野サンプラザでの追加公演。 

追加公演が決まったときから、ファンなら「志村會以来だな」とすぐにわかったはず。
期待を裏切らない素晴らしい公演でした。

前半

FREEDOM~Green birdとしめやかに始まったライブ。
4人横並びのステージに、歌詞の断片やgreen birdのイメージを投影する演出が映える。
STAND!!の文字が浮かび上がったと思うと、幕が外れてsuper!!へ。
ALONE ALONE ALONE〜splash!!とアップビートな曲が続き盛り上げる。

山内のMCは今日もぼけぼけ。

splash!!

山内「今日はね、中継も入ってるんでしょ?こう小さな端末で横になりながら……僕らが汗水足らしてがんばってるときに…」と謎のスマホ視聴者批判w
「新しい試みなのでね、緊張してますけども。見てくださってる皆さんありがとうございます」と後でフォロー。
「STAND!!ツアーも今日で終わりです。僕らもすごい楽しみにしてきたので。楽しんでいってください」
山内「僕らは誰も免許を持ってないけど、いい車の曲が書けました」とプレリュード。

陽炎後

「いや〜いい曲だよね〜」(山内)と自画自賛w
「出す曲全部いいってことある?!」(観客拍手)
「いいとしか答えようのない質問しちゃったけれども」w
「まぁいないこともないか。ビートルズとかね」と個人的すぎる意見w
志村と意気投合するきっかけもビートルズだったんだよなあとしみじみ。

炎の舞後

「この曲はとあるアーティストのライブを見て書いた」と鉄板エピソードを披露。
・「とあるアーティスト」のライブを見に行ったところ、めちゃくちゃよくてかなり影響されてしまった。
・ライブの翌日がデモ出しの日だったので、急遽1曲作って翌日のデモ出し回に曲を持って行った。
・余りにインスパイアされてるので、バレバレだろうと最初は半ばジョークとして持っていった。が、二人に「どうしても!」と言われてアルバムに入れることになった。(加藤「言ってない!」w)

・「とあるアーティスト」の名前は言えないが、ヒントとしては仮タイトル"YELLOW"
・「とあるアーティスト」のボーカルにインスパイアされて曲を書いたとLineで曲を聴いてもらったら、「俺もこの曲にインスパイアされた曲を書いていいか」と言われた。なので、もしかしたら「とあるアーティスト」の新曲で僕らにインスパイアされたものが出るかも

YELLOWがついて親交があるバンドなんて、イエモンしかないでしょうというw
後ろの方で「ほら!!!」と言っている観客がいたのがほほえましかった。

メンバー紹介

Key. 金澤ダイスケ

スマホをを取り出してLINE LIVEを視聴。
「俺が映ってる!」と感動。
「今40万人視てますよ!」と報告。
山内「でもこれでドームができるかっていうと違うんだよね」たしかに。
LINE LIVEの音声を使って「声が…遅れて…聞こえて…くるよ…」とやろうとするも、10秒以上遅延していたため「ダメだ遅すぎる!」と断念。

Dr.BOBO

おめでとう!と声が飛ぶも、山内はなんでおめでとうと言われてるかわかってない様子。加藤が小指を立てるジェスチャーで、暗に奥さんの誕生日だということを伝える。
炎の舞の仮タイトル「yellow」の下りはツアーの全公演MCで話していたため、「もはや古典落語ですよ」とのこと。
通常は山内が全部話すのだが、地方では金澤に振った回、山内が金澤に降ってさらに金澤が加藤に振った回とバリエーションがあった。
加藤がそのときに「そうだ、茅ヶ崎へ行こう」と答えて笑いを取ったため、天才だ!と感動。
自分にフラれたらどうしよう?と思って念のため考えておいた回答は「SAY NO」。(一部の観客、キャーと声を上げる)
金澤「局所的に声が上がりましたけども」
ちなみにメンバーはわかってませんでした……。

Ba. 加藤慎一

さんざんBOBOに天才と持ち上げられた後なのでしゃべりにくいと。笑
中野は大好きな街だと観客に媚びる。
加藤「なんだっけあれ、中野のなんでも買えるとこ」
山内「ドンキ?」www
金澤「ブロードウェイでしょ」
あまりの天然ぶりに山内に確認。
加藤「今のはボケたわけじゃないのね?」w
山内「ボケじゃない!笑」

Vo&Gt. 山内総一郎

中野サンプラザと志村會の思い出について、途中涙声になりながらも、ひとつひとつ丁寧に言葉を選ぶ。
中野サンプラザでライブをやるのはTEENAGERぶり
・来たのは志村會ぶり
・志村會に中野サンプラザを選んだのは、志村にとって中野が思い入れのある街だったから
・ごちゃごちゃ感もそうだし、つけめんをよく食べ歩いてた
・BOBOとの初対面もラーメンの話
「BOBOさんラーメン好きなんですか?」と声をかけられた。「中野においしいつけめん屋あるんで行きましょう!」と言われた。(byBOBO)
・志村會のときは、このステージに大きな富士山があって、僕らは楽屋にいた。
ファンのみんなに対して挨拶はしたけども、まだ何も考えられない状態で、フジファブリックを続けるかどうかも何も決まっていなくて。今日このステージに立っていることなんて考えられなかった。
・みんなの応援があり、ここまで来れた。また新しい音楽を続けていくので、応援してくれると嬉しい(ここらへんで赤ちゃんがぐずりだしたので記憶あいまい)
最後のメンバー紹介として志村正彦!!」と叫ぶ。観客から大きな拍手。

後半

感動的なMCの後はTEENAGER。
TEENAGERツアーを思い出して感極まった人は多いはず。
1番→手拍子あり
2番→手拍子なし
大サビ→手拍子あり
なのだが、久々すぎてうまく手拍子できず。
その後は流線形〜ルーザー〜徒然〜と怒濤のシングル曲連打で盛り上げる。
初期のシングル曲はどうしても当時を思い出してセンチメンタルになってしまう…。
Girl!Girl!Girl!前に山内が「本日はありがとうございました」と呟き本編〆。

アンコール

アンコールで出てくるまでけっこう間が空いたので、もしや?と思っていたら全員カンヌの休日ジャケのスーツ姿で登場。
山内「おかげさまでドラマも好調で……そう!今日ですよ!話の展開が……あ、言ったらダメかwとにかく面白いので!!ぜひ!!」とまたもや天然炸裂。

カンヌの休日

迫力の演奏に観客が聞き入っていたところ、1番の大サビでなんと山田孝之登場!!!!
背景の赤いビロードのカーテンが開いて颯爽と登場すると、観客から今日イチの歓声が。
デュエットを惜しげなく披露した後、山田孝之がジャケットをさっと脱いで背中に貼った芦田愛菜ちゃんの写真を見せる。
山田「練習してなかったから、脱ぐ途中で引っかかってめちゃくちゃ焦った」ww
曲が終わる前にフライング気味に拍手してしまった観客に対して怒る山内。
「みんなちゃんと最後まで聞いてよ!ダダダあるから!」ごめんごめんww

山田「最初ジャケットじゃなくて背中に写真貼ろうと思ったんだけど、背中にサスペンダーあるじゃんって」
山田「カンヌ、今日オンエアなのでぜひ見てください!!」
山田孝之が掃けたあと、「こないザワつくか?」(山内)と本日一の大歓声をもらった山田孝之への嫉妬の声がw

銀河

山田孝之サプライズ登場のザワザワが落ち着いた後は銀河。
やはりフジファブのライブはね。夜明けと銀河での山内ギターソロを見ずには帰れないよね。

STAR

Stand!!ツアーを締めくくる1曲は、志村逝去後のフジファブリック最初のシングルSTAR。
筆者はSTARが大好きなので、STAR終わりのライブは本当に本当に嬉しいです。
この曲は新生フジファブリックの原点というか、感情の爆発!!!!!というのが詰まった曲で本当に大好きなのです。

「星を目指そう 猿と目指そう」

フジファブリックは変わってしまった」とどんなに言われようと、変わらないフジファブリックがある。
志村と共に進むことを決意してくれた大事な曲だと思ってます。

山内「皆さん本当に今日はありがとうございました。…また来てください」

文字にすると月並みだけど、最後、一人ステージ上に残って噛み締めるように観客に伝えていた様子が印象に残った。

最後は4人で前で手を組んでバンザイ。その後山田孝之も合流して5人でバンザイ。

TEENAGER、STAR、super!!、炎の舞、流線形が聴けたのが個人的に嬉しかった。
LINE LIVEで中継入ってたし、DVD化を期待して待つ。

ライブ後の皆さん

 

www.instagram.com

セットリスト

1.FREEDOM
2.Green Bird
3.SUPER!!
4.ALONE ALONE ALONE
5.Splash!!
-MC-
6.プレリュード
7.陽炎
-MC-
8.have a good time
9.炎の舞
-MC-
10.COLORS
11.the light
-メンバー紹介-
12.TEENAGER
13.流線形
14.夢みるルーザー
15.徒然モノクローム
16.夜明けのBEAT
17.ポラリス
18.Girl! Girl! Girl!

EN1.カンヌの休日 feat. 山田孝之
-MC-
EN2.銀河
EN3.STAR

公式レポート

okmusic.jp

広告を非表示にする