読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ライブレポ】2017.02.26 仁義なきネタライブ~品川死闘篇~@品川インターシティホール

お笑い ライブレポ

TBSラジオの24時台の3番組による合同主催、仁義なきネタライブに行ってきました。

以下、思い出せる限りのレポ。長いです。
敬称略、セリフや発言者はなんとなくな部分多。 

公演概要

仁義なきネタライブ〜品川死闘篇〜
13:45開場 / 14:30開演

[ 出演 ]
アルコ&ピース うしろシティ ハライチ
まんじゅう大帝国 ペンギンズ アンガールズ

[ イベント概要 ]
TBSラジオの24時台
『アルコ&ピース D.C.GARAGE』
うしろシティ 星のギガボディ』
『ハライチのターン』
この3番組の面々が ”おすすめする”、
”リスペクトしている” 芸人をゲストに呼び行うネタライブ

『仁義なきネタライブ』とは……
2015年に行われた、うしろシティとハライチの番組『デブッタンテ』発のネタライブ。*1

OPムービー(出演者紹介)

ハライチ⇒うしろシティ⇒アルコ&ピース⇒まんじゅう大帝国⇒ペンギンズ⇒アンガールズと順に紹介。ゲストは煽り文句がついていた。

  • 「去年のM-1でアルピーをビビらせた」まんじゅう大帝国 
  • うしろシティ阿諏訪をダシに山里にハマろうとしている」ペンギンズ 
  • (ハライチにとって)「目の上のたんこぶ」アンガールズ 

ハライチ岩井による前説

ラジフェスよろしく超ハイテンション(ションテンガリアー)で登場。
「どうも~みなさーん!!」「岩井でーす!」と一言発する度に観客から歓声が起きる。
「笑う準備はできていますか~!」を「Fu~!!」のコール&レスポンスをやるも、
「まだ足りないな」とダメ出しを食らい5回くらいコール&レスポンスを繰り返し。
「2800円分笑う準備はできていますか~!」「Fu~」と、掛け合いがだんだんグダグダになっていく。
岩井が満足したところで〆。

ラジオパーソナリティ3組によるネタ

ハライチ:「未知の生命体」…寄生生物に自分の体を乗っ取られたらどうするか。
うしろシティ:「宅配ピザ」…「誕生日会を祝ってもらってるオレ」演出疑惑。
アルコ&ピース:「爺さんと孫」…孫のドラクエを邪魔するジジイ。

フリートーク

3組登場。酒井、ラッパーノリで観客を煽りながら登場して笑いが起きる。
酒井「アルコ&ピースのD・C・G、○×△T・G・B !」(ラップをやるもよく聞き取れず)
平子、コントの老人役のまま白髪で登場。

岩井のOPイジリ

平子「ちょっとオープニングの岩井について話しましょうか」と早速いじる。
平子「どう?やっぱりラジフェスで手ごたえあったから今回またやろうって思ったわけだよね?」
岩井「いや、そういうわけじゃない」
平子「ラジフェスで盛り上がったのでやってみたけど、ラジフェスに比べると盛り上がってないように見えた」
阿諏訪「あのときはスタンディングだったから…」
澤部「今回座っちゃってるからね」
金子「あのときは魂の叫びだったから」
酒井「今回ちょっとこなれちゃった感があった」
平子「やっぱりウケたので味をしめてまたやろうって魂胆はありましたよね?」
岩井「違いますよ」
酒井「普段あんなキャラじゃないじゃん!」
岩井「ライブはパーティーだから」
岩井「それが岩井でしょ?」と自分を貫く岩井。
平子「でもやっぱりあのときウケたって実感はあったわけでしょ?」
としつこくいじり続けたため岩井が「殺すぞ!!」と平子に殴り掛かる。
金子「今のスリ足みたいな動きなに?」
阿諏訪「言葉と反対に動きがすごい遅い!」
酒井「合気道スタイルみたいな」
平子「慣れてないからパンチすげー痛い」
とツッコまれまくるも、殴られたので岩井イジリは終了。

3番組の紹介

「ラッパー菊田健太を心配するラジオ」 (平子)
「ポエトリーラジオ」 (阿諏訪)
「猫ちゃんラジオ」 (岩井)

岩井「アルコ&ピース、ハライチ、菊池成孔でやってますけども…」(観客笑い)

アルコ&ピース D.C.GARAGE

酒井「みんな立とうぜ!!」 とラップを披露しようとするも、立たない観客。
金子「後ろのおじさん一人だけ立った」
阿諏訪「普通前の方が立って後ろ様子見るのにね」
平子「後ろだけスッて」
澤部「みんなラップのノリわからないから」

うしろシティ 星のギガボディ

金子「こないだのスペシャルウィークでコーナーほとんど終わったんですよ!」
阿諏訪「フリースタイルダンジャレっていう人気コーナーがあったのに、作家が「飽きた」と…。」
金子「『ハイサイ沖縄』って沖縄に媚びるコーナーもあったけど、急に全国のネタでよくなったり」

ハライチのターン

平子「澤部がいつまでラジオをやるかだね」
酒井「テレビが忙しくなってスケジュールの都合がつかなくなったりして」

澤部「なんでよ!」

岩井、澤部を睨む。

澤部を殴ろうとすると見せかけてまた平子を殴る。
平子「毎回ガッツリ殴るよね」


岩井「まぁそしたら俺と猫でラジオやるけどね」
金子「ちょうどいいタイミングで「にゃ~ん」とか聞こえてきたら癒されるね」
澤部「なんで!ラジオやるから!」と釈明。

3番組の人気

どの番組を聞いているか拍手で聞いてみようとのことで、1番組ずつ聞いていく。
平子「アルコ&ピースのDCG聞いてるよって方」(観客、大きな拍手)
平子「…ハライチのターン聞いてるよって方」(観客、大きな拍手)
(並び的にうしろシティが次のはずなのに、あからさまに飛ばす)
平子「ギガボディ聞いてるよって方」(観客、まばらな拍手)
うしろシティ「オイ!」

仁義なきネタライブ

澤部「仁義なきネタライブは元々デブッタンテ時代にやってたネタライブなんですよね。今回は会場が変わって」
金子「セミナーみたいな会場だよねここ。奥行きがすごい」(30列くらいあった)
平子「草月ホールとどっちがキャパ大きいの?」
澤部「同じくらい、こっちの方がちょっと多いくらいですかね」
平子「俺らのおかげでキャパが上がったってことね」と平子ると
金子「それは…ありがとう」と素直。

お客さんいじり

平子「本州以外から来た方?」と聞くと、「大分から来た」というお客さんが。
金子「九州って本州じゃないの?」
阿諏訪「違うよ」
酒井「金子はバカだから…」
鹿児島から一人でライブに来たというお客さんも。

リスナーからのご意見

MCが澤部に代わって、ラジオで募集したリスナーからのご意見のコーナーに。

ハライチ岩井

「岩井様の手にかかると、なんでもない散歩や買い物などの日常の一コマが面白いエピソードとなって素晴らしい。僕も岩井様をみならって、将来メゾネットタイプの家に住もうと思います」と岩井を崇めるメール。
岩井「ハライチのおかげで今メゾネットタイプの家賃あがってるんじゃないかな」
岩井「もう全部借りられないですから」とメゾネットタイプ人気への影響力を語る。

アルコ&ピース酒井

先生からのメール 。
「R1・ラップ・ゲーム(スト2)といろんな大会に出てマルチに活躍されている酒井さん。今の時代「やりたいことがない」と悩む生徒が多いのですが、そんなときは酒井さんのお話をしています。すると、みな生徒は目を輝かせて夢を見つけていきます。酒井さん、ありがとうございます。」と褒めるメール。
「やった!!」と素直に喜ぶ酒井。
平子「こいつラップの大会出て2回戦まで行ってるんですよ」
澤部「1回戦勝ったの!?」
酒井「勝った。相手声小さかったから「声小さえぜ・マザ・ファッカー」みたいなこと言って」
岩井「韻踏んでないじゃん」
酒井「バイブスで勝った」

アルコ&ピース平子

「38歳の既婚者とは思えないほどプライドが高い。「俺打たれ弱いから」といじられるのを拒否する。センスだけでやっていこうとしてる。弄られるとすぐ拗ねる幼稚な胸板ゴリラ」と痛烈な批判。 最後少し「これからもがんばってください」とフォローを入れるが、「いやフォローもう意味ないって!」(澤部)というぐらい批判部分が辛辣だった。
平子「そういわれたらもうなんもできないよ」とキレ気味。
平子「好きなもの好きっていうとウソって言われるんだから」
酒井「寅さん好きって言ってたのに江戸川を荒川って…」
平子「金八先生が好きなことになっちゃってんだから」と最近のdcgの話題を。
平子「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です…」と寅さんの口上を披露。
そこに岩井が「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です…」と被せるも「ルパンじゃん!」と聞いたことのある流れが再現される。

平子「俺今日寅さんの話できると思ってわくわくして来たのに」

岩井「寅さん見たことないから」

うしろシティ阿諏訪

デブッタンテ初期は街の店員に怒りをぶつけたりして尖ったキャラだったのに、今では酒井さんのラップを褒めたりと温和なキャラに。テレビに出るようになって好感度を気にするようになったのでしょうか?いつのまにキャラ変したのかとまどっています」とヘビーリスナーからお便り。
阿諏訪「俺はキャラを変えたつもりはない。ラップも本当にいいと思うからいいって言ってるし」
平子「今日楽屋でさ、酒井と阿諏訪だけ後ろの方にいて。俺ら話してたときになんかラップ聞こえてきたよね?」
阿諏訪「俺がトラックメイキングするからラップやってって」
酒井「会話の合間合間にツッツテン♪ってビート鳴らしてくるから、俺もラップ始めるしかなくなっちゃって」
金子「絶対やりづらいよね?本来酒井くんにみんなツッコむべきなのに、まずこいつ(阿諏訪)おかしいよってなっちゃうから。酒井くんがどうしていいかわからなくなっちゃう」と苦言を呈するも、「だってかっこいいもん」と頑なに酒井を支持する阿諏訪。
「CDほしい」と完全に菊田健太のファンと化す。

うしろシティ金子

1通目「今回のメンバーの中で断トツで知名度が低いのに対等だと思っている。プライドが高い。」とのお便りに金子「対等じゃダメなの!?」と困惑。 

「かわいこぶっている。ギガボディ4回の指をくわえている写真がヒドイ。TBSラジオの番組表*2に出たときのもヒドイ」の指摘には「たしかにかわいこぶっているきらいがある!」とメンバーから集中砲火。
「常にぶかぶかの衣装」「今日の衣装も萌え袖だ!」「なにこのクソ漏らしパンツみたいなの」(平子)「かわいい柄の靴下で遊ぶっていう吉本の若手スタイル?」(平子)とdisられる。 

岩井「食べるときに箸を近づけるのではなく顔で迎えに行く」
金子「それはそのとき言ってよ!」
平子「あと金子のダブルピースって世界一間隔狭くない?」
(金子:顔の前で並べてダブルピースする)
酒井「確かにこれよくやってる!!」

岩井「エロい話してるときに、俺は経験ないけどみたいな顔するのもやめて」

阿諏訪「たしかにそういうところある」と次々出てくる指摘。
金子「かわいこぶってるつもりはない」と釈明。
そして金子へのご意見2通目。(なぜか金子だけ2通あった)
2通目「あまりにもバカすぎる。みんながわかることをわざわざ聞いて場の流れを止めることが多すぎ。ラジオをする上で知識がないのは致命的。バカがラジオできるほどラジオは甘くない。放送中に質問するな。学ぶなら一人で学べ。どうせこのメールにプライドが邪魔してうまく対応できないんだろうけどな!」とめちゃめちゃな批判。
平子「たしかにラジオ聞いてると質問してることがよくある」
酒井「やりづらくないの?普段の会話でもこんな感じでしょ?」
金子「わからないことがあったら聞いてる」
阿諏訪「俺はもう慣れたから気にならないけどなぁ」
平子「でもそういう穴も含めて金子じゃんか」
平子「これで言われたところ直してみ?それはもう金子じゃないと思う。そしたら誰がラジオやったって同じじゃんか」と観客に語りかける。(澤部「セミナーだ!」)
金子「俺、平子教に入ります!」
平子「おめでとう。今日からあなたの名前は千眼金子です」と金子を平子教に出家させる。

澤部へのご意見メールは紹介されず、トークコーナー終了。
今回呼んだゲストは「今後が楽しみなコンビ」ということで一組浮いているアンガールズ
澤部「そんなコンセプトだって知らなかったから!」

ゲスト3組によるネタ

ペンギンズ

アニキと舎弟という関係性が特徴のコンビ。「ツッコミの練習」ネタ。 

ネタ後トーク 
前から見ても面白いが、横(ステージ袖)から見るとさらに面白い!と盛り上がるメンバー。
正面から見るとわからないが、横から見るとアニキと舎弟の距離がメチャメチャ離れているらしい。(2mくらい)


平子「仁義なきネタライブって、これペンギンズの単独ライブの名前じゃん」
舎弟(ノブオ)役のナオは高い声でキャラを演じているが、昔は地声で演じていたことをバラされて「だから昔の人に会いたくない…」とぽつり。
平子「あー!!だーなおじゃん!!」と昔の姿に気付く。
平子「でも無理のない声だよね。おれてっぺん狙えると思うよ」とセミナー開始。
澤部「会場が会場だからセミナー感がすごい」
平子、ペンギンズのオチ部分を何パターンもやらせようとするもしつこくなるのでほかの人が阻止。
(アニキ「おい・・・・・・・・・・・・・・・○○行くぞ」ノブオ「ハイ!!!!!!」のパターン)

阿諏訪「ペンギンズって名前は俺が付けたんですよ。顔が怖い二人だから、せめて名前だけでもかわいくしたらどうかと思って。昔つけてた名前がニューロマンス?みたいなやっすいラブホテルみたいな名前だったから、それやめろって言って…。(※実際の旧コンビ名はアロマリーゼント)ペンギンズどう?って言ったら二人が気に入ってくれたんで」
金子「それ最近やたら言うよね?ペンギンズがM1でいいとこまで行ったりして売れ出してからさ」
阿諏訪「だって嬉しいじゃん!」

岩井、ペンギンズに対してガチの漫才のダメ出しをしたところ、「M1の審査員?」(平子)とツッコミを受ける。

まんじゅう大帝国

「完璧なモノマネ」というネタ。「俺が俺のモノマネをやれば一生食っていける」という謎理論に夢を膨らます。ほぼ初見の人が多い中、独特のリズムで観客の心を掴む。

ネタ後トーク 
うしろ・ハライチ共に初見で「面白い!!」と絶賛
アルピー、DCGでも話していたまんじゅうとの馴れ初めを説明。
M1の1回戦で記念受験ばかりの素人に「いっちょやってやっか~」と余裕かましていたところ、しっかりした漫才を見せつけられ脚ガクガク震わせたというエピソード。
酒井「ネタ順みたら「まんじゅう大帝国」って書いてあって。「まんじゅう大帝国」って名前だけ見たら虹の黄昏みたいな感じかと」
(参考:虹の黄昏のネタ。勢いだけで押すむちゃくちゃな芸風)

youtu.be


平子「もう余裕しゃくしゃくで、ステージ袖で腕組みながらして見てね」
酒井「体でリズムとったりしてさ」
平子「なんならネタ合わせもそんなせずに。そしたら目の前で、笑いが来てほしいところで笑いが起きる、しっかりした構成の漫才を見せつけられてさ」
酒井「リズムゆっくり止まったよね」
平子「急いでネタ合わせしに戻ってね」

平子「今何歳?」
竹内「23歳です」
澤部「うえー!!!!!」(大げさに驚く)
岩井「…俺ら、23歳のときM1の決勝出てたけどね」
澤部「そうだった」
酒井「なんだったんだよ今の!」
平子「それでガツーンと売れたんじゃねえか」

 

平子「今日楽屋にいるふたりに「最高のライブにしような!」とコントを仕掛けたら、俺のノリがわからないからグッ!!とガッツポーズで帰されてめちゃくちゃ恥ずかしかった」

平子「顔真っ赤にして楽屋出ていったよね」

平子「落研の1位と2位が組んだんだよね」
酒井「どっちが1位なの?」
田中「僕が1位です」
平子「2位っぽい方が1位なんだ」
平子「落語家としての名前とかあるの?」
竹内「高座名ですか?『アウトローいっぱい』です」
酒井「そんなラジオネームみたいな高座名でいいの?!」
竹内「一応ローが楼で○○亭みたいな感じで…(※漢字で書くと外楼一拝)」
田中にも高座名を聞くと、「六花亭空道です」とまともな高座名。
平子「こっち先に聞くべきだったな」と流れを反省。
竹内「1000人の前で落語やったことあるんで…」と700人の観客を前にして余裕しゃくしゃく。

岩井からのダメ出しは「まず服装を変える」
謎のペアルックにツッコむ全員。
平子「いやでもこの服だからいいんじゃない?」とまんじゅうに対してもセミナーを披露。

アンガールズ

「テレビでできないことをやるお店」
コンプライアンスでうるさい世の中、批判を気にしてテレビでできなかったことをやって気持ちよくなろうというネタ。


ネタ後トーク
「いや~面白かった~」と先輩に対して上から目線のみんな。
田中「おかしいでしょ!!」

田中「まんじゅう大帝国って誰?!楽屋で何喋っていいかわからないから俺の独断場みたいになったよ」と文句。
先輩に対しても無理やりダメ出しする岩井。
岩井「でも田中さんのキャラクターに頼ってる面がありましたよね」
田中「いいの!俺は全国民に知られてるの!」
平子「全国民は言いすぎじゃないですか」
田中「全国民知ってるでしょ!NHKにも出てるし!」

引き続き細かいアドバイスをする岩井。
岩井「テーブルの脚がローラー式で動いちゃってたので、固定した方が…」 「(山根が)執事の恰好なのにスニーカーはおかしい」
山根「だって重いから」
酒井「なんだそのクソみたいな理由!」
田中「わかってるの!!いつもは革靴なの!!今日がおかしいの!!」
わちゃわちゃやったまま「ありがとうございました~」と終了。

エンディング

告知:アンガールズ単独とうしろシティ単独
うしろシティの単独の時期については、「あったかくなった頃にやりますんで」(阿諏訪)とチラシ頼り。
平子「16時半から限定グッズの抽選販売もやりますんで、よかったらロビーの方にお集まりいただいて」と事前に「?」となっていた謎の限定グッズの販売を案内。(限定グッズは

各番組ロゴが入ったクリスタルオーナメント。(各番組限定1本、25000円))
金子「楽屋からロビーの様子を見てたけど、あんま人群がってなかったよね?たまに写真撮ってる人はいたけど」と売れ行きを心配。
平子「ちなみに買うよって決めてる方います?」と聞いたところ、前方に「アルコ&ピースのクリスタルオーナメントを買おうと思ってます」という人がいて観客にどよめきが。

終演後

終演後クリスタルオーナメントの抽選に並んだところ、6人が集結。
みんな「3番組とも聞いてます」というヘビーリナーで、「どれかはほしい」という感じだったのでじゃんけんして勝った人が購入。
無事すべてのクリスタルオーナメントが売れたのでした。

公式レポ

natalie.mu

広告を非表示にする