読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミート&グリート/ミーグリとは一体何?詳しく教えます!

洋楽 音楽

洋楽アーティストの公演のときに、
「ミート&グリートに招待します!」
という案内が出ることがあります。
ミート&グリートって一体何?という方のために情報をまとめました。

※UKやUSのロック系バンドのことを想定して書いてます。
アイドル系のミーグリは内容がやや異なると思いますので、ご了承ください。

ミート&グリートの内容

①挨拶
②サイン
③会話
④プレゼント(あれば)
⑤写真
⑥握手・ハグ
⑦集合写真(あれば)

 

①挨拶
Hiなど短いものでOKです。
というのも、ここで時間を取ると③の会話で話したい・聞きたいことを聞けなくなる恐れがあるためです。
手短に済ませましょう。

 

②サイン
家からサインしてもらうものを持っていきます。
サイン会イベントの場合は対象品が限られますが、ミート&グリートの場合は何でもサインしてもらえる傾向にあるようです。
基本1点ですが、さりげなく2点出すとどっちもサインしてくれることがあります(笑)
サインのためのペンは用意されてることもありますが、念のため持っていきましょう。
油性のマジックがおすすめです。
ポスカなどは乾くのが遅いので、こすってしまったりで後で泣きを見ることになります…。(経験者)

 

③会話
サインを書いてくれている間に会話をすることができます。
思いの丈をぶつける、質問するなど好きなことを話しましょう!
経験上、思いの丈をぶつけると「ありがとう」の返答で終わってしまうので、せっかくなら質問した方が会話が盛り上がると思います。

 

④プレゼント(あれば)
直接アーティストにプレゼントするよい機会なので、渡したいものがある場合は持っていきましょう。

身に付けるものをプレゼントすると、その場で付けてくれることもあるようです。

 

⑤写真
スタッフの方にスマホなどを渡して写真を撮ってもらいます。
事前にフラッシュなど最適なモードに調整しておきましょう。
また、スタッフに撮ってもらうのではなくアーティストと自撮りしている猛者もいました。
自撮りのメリットはアーティストと至近距離で写れることですね。
自撮りスキルに自信がある方はチャレンジするとよいと思います。
ミート&グリートをやる場所は明かりが暗いこともあるので、フラッシュを炊けるor暗所に強いカメラを持ってくといいです。
アーティストによっては写真撮影禁止、持参したカメラではなく公式のカメラのみokということもあるので指示に従いましょう。

 

⑥握手・ハグ
別れ際、すかさず頼めば握手やハグをしてもらえます。
握手の場合は手を差し出すだけでOKです。
ハグは気恥ずかしいですが、めったにないチャンスなのでハグしてもらいたい人はcould you hug meと頼みましょう。
快くハグしてもらえるはずです。

 

⑦集合写真
アーティストによりますが、ミート&グリートに参加した全員で集合写真を撮ってもらえることもあるようです。

 

ミート&グリートの規模は、公演によって異なります。
通常5名〜30名ぐらいです。
時間も公演によって異なりますが、大体20〜30分くらいが一般的です。
一人に許される時間は1〜2分くらいになります。
貴重な時間を大切に使ってくださいね! 

ミート&グリートの応募方法

公演によって変わりますが、大体は以下のような応募方法があります。
公演の直前に決まることも多いので、見逃さないようにしましょう!

 

①主催者の会員ページから応募
creativemanの場合は3A及び3Aモバイル会員
SMASHの場合はスマフレ
の会員ページから応募できます。
年会費が発生するものなので、一番当選人数が多く、当選率も高いと思います。
(無料のものに比べると応募総数が少ないので)
絶対に当たりたい!という場合はSMASHやcreativemanの会員になるのがよいでしょう。

 

SNSで応募
Twitterfacebookを使って応募する場合です。
Twitterの場合は、フォロー&RTもしくはフォロー&ハッシュタグを付けてツイートが一般的。
鍵がついてると応募できないので注意しましょう。
(主催者側がツイート主を特定できません。)
無料で気軽に参加できる分、応募総数も多いです。
もともとダメもとですが、さらにダメもと感が個人的には強い媒体です。

 

③ラジオやスカパーなどの番組HPから応募
過去にアーティストが出演したことがある番組で募集をすることがあります。
メールフォームなどから応募し、当選の場合はメールもしくは電話がかかってきます。
見逃す方が多いのか、応募総数はそこまで多くないのでは?と思います。
公演前は縁がありそうな番組HPをチェックしてみましょう!

当日の服装

一生に残る写真になるので、写真に写ってもよい服装で行きましょう。
バンドやアルバムに関連したアイテムを身に付けていたり、特徴的なアイテムを身に付けていると「いいね!」などメンバーが褒めてくれるかもしれません。
アーティストの公式グッズは持っていて当然なので、特に食いつかれません(笑)

当日の持ち物

  • 公演チケット
  • 身分証(当選確認のため)
  • カメラ(スマホ)
  • サインしてもらうもの(レコード・CD・その他グッズなど)
  • サインペン
  • プレゼント(任意)

疑問1: 何を話せばいいの?

ミート&グリートの時間は一瞬なので、黙っているとほぼ会話がないまま終わってしまいます。
有意義な時間にするためには、こちらから積極的に質問・会話して食らいついていく必要があります。
英語が苦手な場合、これだけは言う!という文を暗記してくといいと思います。
経験上、あれこれ考えても話せる話題は1テーマぐらいなので、「このことだけ聞く!」こと1つ、もしくは「このことだけ言う!」こと1つを決めましょう。(どっちもは難しいです)
ただでさえ本人を目の前にすると緊張して混乱するので、これだけ伝える!というのを覚えておけばそれだけは達成できると思います。
質問は日本来てどう?とか観光した?とかざっくりしたことでもいいと思います。
ほかの人と質問が被るかもしれませんが、気にせずいきましょう!!!

疑問2: 何にサインしてもらえばいいの?

レコード、CD、Tシャツ、セットリスト、グッズなど、好きなものを持っていきましょう。
Tシャツの場合はTシャツ用のペンを持っていくなど、事前にサインが書きやすいかどうか確かめておくと安心です。
机がないことも多いので、薄いものの場合は下敷きになるものを持ってくとよいです。

おまけ:アーティストはファンを覚えるのか?

1週間〜1ヶ月など短いスパンで会うと、稀に「こないだのイベントも来てたね」と覚えてくれていることがあります。
最後に会ったのが半年以上前だったり数年前であれば、確実に覚えていないので安心してください笑
逆に言えば、ミーグリで失敗した!とか何か失礼なことを言ってしまったのでは…、挙動不審だったのでは…と考えても、相手は確実に忘れるので大丈夫です笑
ファンにとっては一生の思い出でも、アーティストにとってはよくあることですからね。
後悔しないよう、伝えたいことはなんでも伝えましょう!

まとめ

いかがでしたか?
入待ちor出待ちでサインや写真を狙うことも可能ですが、タイトなスケジュールで動く日本公演ではなかなか時間がないことが多いです。
そんなとき、必ず会えるミート&グリート企画はありがたいですね。
これだけ準備しても、結局感極まったり緊張してしまってほとんど何も話せずに終わってしまうことも多いですが(笑)
ミート&グリートに当選された方が楽しい時間を過ごせることを祈っております!

広告を非表示にする